ちま夫のブログ

ピーク過ぎた感のあるIT屋のおじさんです。IT関係や節約関係などを、のんびりと書いてみたいと思います。

【SEP】SEPクライアントの自動アップグレード

f:id:chima_chimao:20181013230023p:plain

 

 

こんばんわ、ちま夫です。

 

www.chima-chimao.com

 

前回の「Symantec Endpoint Protection(SEP)のバージョンアップ」からの続きを書きますね。

今回は「SEPクライアントの自動アップグレード準備」です。

 

SEPサーバー バージョンアップ工程概要

 

全体工程概要のおさらいです。

ザックリな工程はこんな感じになります。

 1.Ver14.2MP1の入手
 2.SEPデータベースのバックアップ
 3.SEPサーバーのバージョンアップ
 4.SEPクライアントの自動アップグレード準備
 5.SEPクライアント新規インストールパッケージの準備

 

Symantec サポートからの抜粋

 

自動更新は Symantec Endpoint Protection 14 付属の Mac クライアントで初めて導入されたため、バージョン 14 より前のバージョンから自動更新によってアップグレードすることはできません。

引用元:自動更新によるクライアントソフトウェアのアップグレード

 

MacOS用SEPクライアントの自動アップグレード

 

Ver14からMacOS用SEPクライアントの自動アップグレードに対応したんですね。見落としていました。 

 

自動更新によって、グループ内にあるすべての Windows または Mac クライアントの Symantec Endpoint Protection クライアントソフトウェアを自動的にアップグレードできます。

引用元:自動更新によるクライアントソフトウェアのアップグレード

 

  

 

自動アップグレードの設定手順

 

Symantec Endpoint Protection Manager (SEPM) コンソールで操作します。

 

【手順-1】

「クライアント」を選択

「該当グループ」を選択

「インストールパッケージ」タブを選択

右クリックでメニュー表示させて「追加」を選択

f:id:chima_chimao:20181013222332j:plain

 

Windows版は手順【手順-2】から参照

Mac版の場合は手順【手順mac-2】から参照

 

【手順-2】

「全般」タブ

配信設定したいインストールパッケージを選択

f:id:chima_chimao:20181013222353j:plain

 

【手順-3】

「通知」タブ

実環境に合わせてメッセージや延期可否を設定

f:id:chima_chimao:20181013222406j:plain


【手順-4】

SEP14.2MP1パッケージが追加されました。

同じ手順で32bit Windows版を設定してください。

f:id:chima_chimao:20181013222418j:plain

 

【手順-5】

Windows版の自動アップグレード設定はこれで完了です。

 


【手順mac-2】

「全般」タブ

配信設定したいインストールパッケージで「mac版」を選択

f:id:chima_chimao:20181013222519j:plain


【手順mac-3】

「通知」タブ

実環境に合わせてメッセージや延期可否を設定

f:id:chima_chimao:20181013222534j:plain


【手順mac-4】

これで完了です。