ちま夫@IT屋おじさん

ピーク過ぎた感のあるIT屋のおじさんです。IT関係や節約関係などを、のんびりと書いてみたいと思います。

FortigateでWindows Updateトラフィックを帯域制限

f:id:chima_chimao:20190402162028j:plain

 

こんばんわ、ちま夫です。

 

新元号(令和)が決まりましたね。

今月(2019/4/10)のWindows Updateは新元号対応なので、いつも以上に皆さんWindows Updateを実施する可能性があります。

と言うことは、インターネット回線の利用率が心配になりますね。

 

また、Windows 10 May 2019 Updateが2019年5月下旬頃に一般提供を開始する予定とのことです。

 

そこで、今回はWindows UpdateトラフィックをFortigateで帯域制限する方法を書いてみます。

 

 

Fortigateのバージョン

 

Ver5.4.7での記事になります。

 

設定方法

 

今回の設定例は「全PCのWindows Updateダウンロードを50Mbpsに制限する」になります。

 送信元:ALL
 宛先:ALL
 アプリケーション:MS.Windows.Update
 出力インタフェース:Untrust
 逆方向シェーパー:50Mbpsポリシー

 

【手順-1】 

Fortigateの基本的な帯域制限の設定方法は以前書いたので、そちらを参照ください。

www.chima-chimao.com

 

【手順-2】 

今回の設定例では下記を設定

 送信元:ALL
 宛先:ALL
 サービス:ALL
 アプリケーション:MS.Windows.Update
 出力インターフェース:Untrust
 逆方向シェーパー:50Mbps

 

f:id:chima_chimao:20190402161307j:plain

 

これで設定完了です!非常に簡単ですね。