ちま夫@IT屋おじさん

ピーク過ぎた感のあるIT屋のおじさんです。IT関係や節約関係などを、のんびりと書いてみたいと思います。

Fortigate ライセンス更新(ライセンス切れに注意)

f:id:chima_chimao:20190109125347j:plain

 

こんばんわ、ちま夫です。

 

新年を迎え、そろそろ年度末時期が見えてきました(気が早いかな)ので、Fortigateのライセンス更新について書いてみたいと思います。

 

Fortigateライセンス更新を忘れてしまうと、設定状況によっては大変なこと(通信が遮断されるかも)になるかもしれませんので、皆さんもFortigateに限らず、色んな製品のライセンス更新を忘れずに。通信断が発生してしまったら大変ですかなね。

  

 

ライセンス更新作業は必要なのか

 

ライセンスを購入するだけで、Fortigate機器側の設定作業は必要ありません。

 

※まれにライセンス更新されていない時があるようなので、ライセンス証書が届いたら、Fortigate管理画面でライセンス期限(延長されているか)を確認したほうが良いと思います。

 

※ライセンス有効期限終了前までにライセンス購入が必要ですが、期間に余裕をもってライセンス購入してください。(ライセンス終了後に購入することも可能のようです)

 

※代理店によって事務処理時間が異なっているかもしれませんので、正確な処理時間に関しては、各代理店に確認してください。

 

 

ライセンス期限が切れたらどうなるのか

 

Fortigateのライセンスの有効期限が切れてしまったら、Fortigateは利用できるのか、それぞれの機能はどうなるのか、を書きますね。

 

【アンチウィルス機能】

データベースが更新出来なくなりますが、最後に更新されたデータベースを使用し動作は継続します。古いパターンファイルのままですね。

 

【IPS & アプリケーションコントロール機能】

データベースが更新出来なくなりますが、最後に更新されたデータベースを使用し動作は継続します。

 

【Webフィルタリング機能】

Webフィルタプロファイルの設定で、「レーティングエラー発生時にWebサイトを許可する」が「無効」だと、全てのWebアクセスがブロックされます。

 

※初期設定では「無効」なので注意してください。

 

 

「レーティングエラー発生時にWebサイトを許可する」の設定箇所

 

”レーティングエラー発生時にWebサイトを許可する”の初期設定値は無効なので、万が一の為(ライセンス更新が間に合わなかったなど)に、この機能は有効に変更しておいた方が良いかもしれません。

参考までにFortigate設定画面を掲載しておきますね。

 

※この設定はWebフィルタのプロファイル単位に実施する必要がありますので、作成した全てのプロファイル分設定変更してください。 

 

 

【Ver5の設定画面】

f:id:chima_chimao:20190108110224j:plain

 

【Ver6の設定画面】

f:id:chima_chimao:20190108110251j:plain