ちま夫@IT屋おじさん

ピーク過ぎた感のあるIT屋のおじさんです。IT関係や節約関係などを、のんびりと書いてみたいと思います。

【平成の思い出】Foundry Networks(ファウンドリーネットワークス)懐かしいぜ!ネットワーク機器メーカー編

f:id:chima_chimao:20181206155532j:plain

 

こんばんわ、ちま夫(ピーク過ぎた感のあるIT屋のおじさん)です。

 

そろそろ平成も終わってしまいますね。

おじさんになったからなのか、色々過去を振り返ることが多くなってきたような気がします。。。

そこで過去を振り返ることが多くなってきたついでに、思い出した懐かしいIT関係物を書いてみようと思います。

 

今回(第3回目)は「懐かしいぜ!ネットワーク機器メーカー編:ファウンドリーネットワークス」です。

 

企業情報

 

企業情報をWiKipediaより引用しますね。

1996年(平成8年)に設立したそうです。

 

日本語のWiKi

アメリカの会社で主にネットワークスイッチ製品の製造・販売・保守を行っている。社員数は2008年時点で約1100人。同社の製品はほとんどのものが黒く塗られていることと、製品名に必ず“IRON”がつくため、同社製品を黒箱もしくは鉄箱と称することもある。

引用元:WiKipediaより

 

英語のWiKi

The company was founded in 1996 by Bobby R. Johnson, Jr. and was headquartered in Santa Clara, California, United States. In its first year the company operated under the names Perennium Networks and StarRidge Networks, but by January 1997 the name Foundry Networks was adopted.

引用元:WiKipediaより

 

製品紹介

 

BigIronシリーズ(レイヤー3バックボーン・スイッチ)

FastIronシリーズ(エンタープライズ対応レイヤー2/3スイッチ)

NetIronシリーズ(インターネット・ルータ)

ServerIronシリーズ(レイヤー4-7スイッチ)

の製品画像を貼っておきたかったのですが、どれがどれだか分かりませんでした。。。

 

f:id:chima_chimao:20181206151431j:plain

 

 

思い出

 

黒箱、鉄箱と呼ばれていた通り、頑丈そうで強そうな印象を持っていました。(実際に頑丈かどうかは分かりませんが)

 

殆どのネットワーク機器メーカーがレイヤー3スイッチを投入している中、Foundry Networksは1998年4月頃にServerIronシリーズと言うレイヤー4ロードバランス機能を有している製品を発表し、少し驚いた記憶があります。

結局はCookieなどを使用したセッション管理(負荷分散させない)を必要とするコンテンツが多かったので、通常のロードバランサー(F5 Networksなど)を選ぶユーザーが多かったような気がします。

 

この会社、現在はどうなっているの?

 

Foundry Networks って会社は現在どうなっているのか?

 

www.itmedia.co.jp

 

この記事に書いてある通り、2008年7月頃、ブロケード コミュニケーションズ システムズに買収されたようです。

 

ん???あれ???

 

“業界3位”エクストリームの野望――アバイア、ブロケード買収で躍進 | ビジネスネットワーク.jp

 

ブロケードコミュニケーションズシステムズのイーサネット部門はエクストリーム ネットワークスに買収されていますので、今はエクストリーム ネットワークスってことになるのかな?

 

懐かしい記事へのリンク

 

懐かしい記事へのリンクも記載しておきますので、懐かしみながら読んでみてください。

 

三井物産、米Foundry Networks社のレイヤー4対応スイッチを発売

 

「Foundryは究極のドライビングマシーン」、チェング副社長